工場の機械

サイトマップ

成形時のメヤニ防止ができて引火性もなく安心な離型剤が現場に最適

製造業で使う離型剤を決める際には、現場にとって最も使いやすい特徴を備えたものを選ぶことが大切です。仮に離型効果が非常に高くても、何らかの事情で現場での使用に不安を感じるものや不便なものは、作業効率に悪い影響が出てしまいます。離型剤の選択に当たっては、現場で何が必要とされているかをよく検討して最適なものを選びましょう。
例えば、離型効果の高さでいえば、フッ素コーティングの非粘着性を上手く活用したフッ素系離型剤が非常に優れています。更に、フッ素系離型剤は、引火性がない上に現場使用に適したタイプの製品もあり、成形の実務にあたる人達の作業環境の安全性への配慮も十分と言えるでしょう。毎日数多くの成形作業をこなす現場では、その分多くの離型剤を使いますので、引火性のある製品は大きな不安の原因になります。また、メヤニの生成を防ぐことが出来、成形終了後のメヤニ除去の手間を省けることも、フッ素系離型剤が現場使用に向いていると考えられる理由の一つです。成形業務の理想形は、安全な環境で大量の連続離型をこなし、着実に必要な数の製品を作ることですので、メヤニ対応不要でどんどん成形作業を進められるフッ素系離型剤が最善の選択肢と言えるでしょう。

成形が難しいゴム製品等もフッ素系離型剤ならメヤニなしで作れる

細くとがった製品や極薄の製品などは、金型に入れて綺麗に成形するのが技術的に非常に難しいです。しかし、フッ素コーティング加工のユニークな特性である非粘着性を利用したフッ素系離型剤であれば、このような製品をゴムやシリコンを素材として作ることも、さほど困難ではありません。実際、フッ素系離型剤を塗布して成形した場合、ほんの軽い力で成形物を無理なく金型から外すことができます。製品を安全に取り出せること…

ゴムパッキンもメヤニなしで成形できるフッ素系離型剤がおすすめ

素材がどのようなものであれ、細長いものを綺麗に成形するのは難しいものです。成形の段階では綺麗に出来ても、その後の扱い方次第で簡単に破損してしまうリスクも高いです。例えば、ゴムを素材として成形されるパッキンなどは、金型に原材料を流し入れて形を作りますが、そこから取り出そうとするときには非常に注意が必要です。しかし、フッ素コーティング剤を使ったフッ素系離型剤を予め金型内側に塗布しておけば、あまり…

成形時のメヤニ防止ができて引火性もなく安心な離型剤が現場に最適

製造業で使う離型剤を決める際には、現場にとって最も使いやすい特徴を備えたものを選ぶことが大切です。仮に離型効果が非常に高くても、何らかの事情で現場での使用に不安を感じるものや不便なものは、作業効率に悪い影響が出てしまいます。離型剤の選択に当たっては、現場で何が必要とされているかをよく検討して最適なものを選びましょう。例えば、離型効果の高さでいえば、フッ素コーティングの非粘着性を上手く…

ワックス系よりも使いやすくメヤニの懸念なしで成形できる離型剤

成形の現場で使う離型剤については、様々な観点から購入可能な離型剤を検討して、総合的に見て一番使いやすいものを選ぶことが大切です。現在利用可能な各種の離型剤の中でも、主成分がフッ素コーティング剤であるフッ素系離型剤はあらゆる面で現場で使いやすい製品と考えられます。例えば、ワックス系の離型剤を使うと、成形の際に金型に塗布した離型剤で成形物が汚れるため、製品として仕上げる前に成形物を綺麗に洗う必要…

TOP