工場の機械

サイトマップ

メヤニを防いで成形しやすくする離型剤が使用されるモノづくりの現場

笑顔の女性

ゴム素材あるいはプラスチック素材などを使って製品を製造するモノづくりの現場で使われることが多いのは、成形の際のメヤニなどを防ぐのに用いられる離型剤です。一般的にはそれほどなじみがないかもしれませんが、メヤニ対策などを理由にフッ素コーティングの離型剤が用いられることは決して珍しくありません。成形の段階で不良が出てしまったら困りますので、そうならないために離型剤が使用されるのです。ですから離型剤は、成形しやすくするために役立つサポートアイテムです。

モノづくりの現場では、実にいろいろなアイテムが使われています。1つのモノをつくるのにたくさんの機械や素材が使われることはよくあり、それらの一部として認識されているのがメヤニを防ぐための離型剤です。離型剤が使用されることでモノがしっかりと製造されやすくなるため、モノづくりにおいてとても重宝されるているのは確かです。モノの品質を高いレベルでキープするのに離型剤が役立っています。

特にモノづくりのような製造現場で役立つのが離型剤で、ゴム素材あるいはプラスチック素材などを使って製品を製造する際に注目のアイテムです。さまざまなモノづくりの現場で、離型剤は品質をキープするために使用されています。

成形の精度を高めてメヤニを抑制する離型剤が製造現場で使われている

コンクリートやプラスチックの製造など、型にはめて製品を作ることが要求される製造現場で離型剤は使われます。離型剤を使うことにより、きれいな成型がしやすくなります。いわゆるメヤニを抑制して防ぐことは、成形するにあたり非常に重要です。メヤニが抑制できなかったら困りますから、そのためには離型剤を使わなければいけません。フッ素コーティングされている離型剤を使えば、成形の際に確かな効力を発揮することが見込めます。

製造現場は確かなクオリティの商品を製造することが第一の目的なので、成形においてメヤニを抑制することが求められます。それが不十分でしっかりできていなかったら、きちんとした製造ができているとは言えなくなってしまいかねません。製造現場でどんなことが行われているのかは広く伝わっていないことも多いですが、実は離型剤のように成形をするのに効力を発揮するものが使われているのです。

離型剤を使わないと成型の精度が落ちてしまいかねませんので、製造現場においてよく使われます。メヤニを抑制した成形ができれば誰もが納得のいく完成品になるはずですから、離型剤があるのとないのとでは大きな差が生じます。製造現場でしっかり活躍しているのが離型剤です。

プラスチック製品等の綺麗な成形にメヤニが生じにくいフッ素系離型剤

製品作りにおいて型取りという方法で成形すると聞くと、型に原料を入れてそこから中身を取り出して終わりというごくシンプルなイメージを持つ人が多いかもしれません。しかし、ことはそう単純ではありません。まず、プラスチックなどの原材料は、金型に入れて固めただけで、何もしなくても綺麗に型から分離できるわけではありません。それは、金型に原材料が付着するためで、力を込めて外そうとすれば、ものによっては破損することもあり得ます。そこで離型剤という分離をスムーズにするための薬剤を塗布して、このような問題が起こらないようにします。また、成形したものを金型から完全な形で取り出せても、離型剤に由来するメヤニというものが出来て、製品としてあるべき形状ではない場合も多々あります。ただし、フッ素コーティングの効果を活用したフッ素系離型剤が使われていれば、このメヤニ生成を防ぐことができるため、非常に簡潔な手順で製品を綺麗に形造ることが可能です。メヤニが出来ないことは、製品作りを綺麗にできるだけではなく、メヤニ除去に要する手間や時間も不要ということを意味します。従って、フッ素系離型剤を使えば、成形作業の効率を大幅に改善できるでしょう。

ですので離型剤を出来るだけ早く使用してメヤニを事前に防ぎ成形をスムーズに行いましょう。離型剤にもオイルやフッ素系など種類があるのでよく理解したうえで使用しましょう。

成形が難しいゴム製品等もフッ素系離型剤ならメヤニなしで作れる

細くとがった製品や極薄の製品などは、金型に入れて綺麗に成形するのが技術的に非常に難しいです。しかし、フッ素コーティング加工のユニークな特性である非粘着性を利用したフッ素系離型剤であれば、このような製品をゴムやシリコンを素材として作ることも、さほど困難ではありません。実際、フッ素系離型剤を塗布して成形した場合、ほんの軽い力で成形物を無理なく金型から外すことができます。製品を安全に取り出せること…

ゴムパッキンもメヤニなしで成形できるフッ素系離型剤がおすすめ

素材がどのようなものであれ、細長いものを綺麗に成形するのは難しいものです。成形の段階では綺麗に出来ても、その後の扱い方次第で簡単に破損してしまうリスクも高いです。例えば、ゴムを素材として成形されるパッキンなどは、金型に原材料を流し入れて形を作りますが、そこから取り出そうとするときには非常に注意が必要です。しかし、フッ素コーティング剤を使ったフッ素系離型剤を予め金型内側に塗布しておけば、あまり…

成形時のメヤニ防止ができて引火性もなく安心な離型剤が現場に最適

製造業で使う離型剤を決める際には、現場にとって最も使いやすい特徴を備えたものを選ぶことが大切です。仮に離型効果が非常に高くても、何らかの事情で現場での使用に不安を感じるものや不便なものは、作業効率に悪い影響が出てしまいます。離型剤の選択に当たっては、現場で何が必要とされているかをよく検討して最適なものを選びましょう。例えば、離型効果の高さでいえば、フッ素コーティングの非粘着性を上手く…

ワックス系よりも使いやすくメヤニの懸念なしで成形できる離型剤

成形の現場で使う離型剤については、様々な観点から購入可能な離型剤を検討して、総合的に見て一番使いやすいものを選ぶことが大切です。現在利用可能な各種の離型剤の中でも、主成分がフッ素コーティング剤であるフッ素系離型剤はあらゆる面で現場で使いやすい製品と考えられます。例えば、ワックス系の離型剤を使うと、成形の際に金型に塗布した離型剤で成形物が汚れるため、製品として仕上げる前に成形物を綺麗に洗う必要…

TOP